今、学生に向けての就活応援の記事を書いています。就活生に参考になる生き方していないので、何を伝えたらいいか悩みます。 でも、 大学生の時、国会議員のインターンを経験し、生きずらさを解消していく姿に感銘し、政治家を目指して、 まずは、 民間の厳しさを味わうため、食品メーカーの営業として働き、 一方で、 フードバンク活動や生活困窮者支援にも携わり、社会の矛盾や不安な社会構造に疑問を持ち、 やはり、 誰もが置き去りにしてはいけないと、政治の 力で変えなくてはと思い、県会議員に立候補して、 でも、 落選して、日雇い労働者にまでなったけど、 なんとか京セラ(KDJ)に入社できて、名古屋大学大学院まで通うことができた。 そして、 諦めるわけにはいかないと、地元の瑞穂区から 再度政治に挑戦する。 人に誇れる生き方ではないけど、 決めました! やはり、 『意思あれば、なんとかなる』は伝えたい。 この言葉をしっかり伝えられるように、 私の目の前のチャレンジを必ず達成します。